輸入・転売入門!今すぐ稼げる情報発信所

~個人レベルで年商2000万を目指す~ 副業レベルで国内転売(せどり)をやりながら、中国輸入を実践中。

無料せどりアプリ「Amacode(アマコード)」正式公開!【iPhone、Android対応】

こんにちは
セドです。

今日がAmacode(アマコード)の正式公開日なので、是非あなたにも使ってもらいたいと思い記事を書いています。

アマコードとは無料で使える国内転売用のスマートフォンアプリです。

正式公開でiPhoneやアンドロイドで使用できるようになりました。

このアプリのすごいところは、無料アプリなのに有料アプリに並ぶほどの実力を持っている点です。

アマコードを実際に使ってみる

前回の記事にも書きましたが、このアマコードはブックオフなどのインストアコードに対応しています。実際に使えるかどうかを確かめるためにブックオフに行ってきましたので、その目で確かめてください。

 動画を見てもらうと分かりますが、ブックオフのインストアコードを連続でスキャンしてみたところ、2つ目をスキャンする前に1つ目の検索が完了していました。(9秒ごろ)

インストアコードをスキャン

次にスキャンした商品の情報をチェックしてみたのですが、左下のグラフで実際に売れている商品なのかを一目でチェックすることができました。(14秒、18秒)

売れている商品かを一目で一目で確認

グラフをタッチすることで、大きな画面でランキングの変動を確かめることが可能です。(20秒、22秒)

ワンタッチでランキンググラフの拡大

もちろん、モノレートもボタン一つで表示できます。(49秒、1分)

モノレートもワンタッチモノレートを表示

出品価格別の損益分岐点も簡単に確認できます。

出品一覧ボタンでチェック

損益分岐点を確認

便利な検索結果

アマコードの検索画面ではいろいろな情報をかんたんに確認することができます。

画面で判断する仕入れ判断

アマコードの検索履歴

例えば、アマゾンのカートを取っているのがどこなのかを知ることで値下がりリスクなど避けることができます。

上の画像では「タクティカルアサルトコマンダー K1」という真ん中の商品のカートをAmazon直販が13226円で取っています。しかし、最安値は13226円のFBA出品者です。どちらも同じ値段で出品しているということは、カートを取ろうとFBA出品者が値下げを行うとAmazon直販も同じ値段に下げてくる可能性が高いということです。

もし、こういった商品をあなたが仕入れた場合、あなたはいくらで売りますか?カートを取れればすぐに売れていきますが、カートを取れなければなかなか売れません。皆がしびれを切らせば値下げによるカート取り合戦が始まる可能性が十二分に考えられます。

つまり、カートを取っているのがどこなのかを知ることができれば、サーチ時間や思考時間を短縮することができるというわけです。

大型商品かどうかが簡単にわかる

一目でわかる大型商品

商品が大型商品かどうかも一目でわかります。

上の画像を見てもらうと、ガステーブルやこたつには大型マークが付いていますが、布団乾燥機には何のマークも付いていません。つまり、小型サイズや標準サイズの場合は何も表示されず、大型商品の場合は赤字で注意を呼び掛けてくれる機能が付いているわけです。

これにより、誤って大型商品を購入することを避けることができ、1点や2点だけを送るといった割高な納品のための送料をかけなくて済むことができます。

Amacode(アマコード)のダウンロード

まだまだ使える機能が盛りだくさんのアマコードですが、
このアマコードはスマートフォン専用の無料アプリになります。
アプリのダウンロードはスマートフォンでお願いします。

 

iPhoneの方は下からダウンロードできます。

Amacode - せどり転売支援ツール

Amacode - せどり転売支援ツール

  • AARU K.K.
  • ビジネス
  • 無料

 

Androidの方は下からダウンロードできます。

Google Play で手に入れよう